今月のゲスト情報

ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー

アメリカの伝統的なドラム・コーを
大胆にショーアップ!

アメリカの南北戦争に起源をもつ伝統的なドラム・コーをショーアップした全く新しいエンターテインメント。
「金管楽器」「打楽器」「ビジュアル・アンサンブル(ダンサー)」という3つのパートから構成され、それぞれが驚異的な演奏・技術・演技を披露する。


松原 健之

松原の「松」は詩人・松永伍一氏の「松」、
健之の「之」は作家・五木寛之氏の「之」から命名。

優しく透明感のある歌声は
「奇跡のクリスタルボイス」と評され、
聴く人の心を惹きつける。


Yup’in (ヤピン)

両親の影響で幼少時代からピアノやバンド楽器に触れ、音楽に囲まれて育ったYup'in。思春期を迎えると、自己表現を追求するべく、独学でダンスを学びストリートダンスに没頭するようになる。高校時代には全国高等学校ダンスドリル大会等様々なコンテストで入賞し、ダンサーとし頭角を現す。

高校卒業間近、同級生の多くが大学進学という台本通りのストーリーを歩んでいくのを尻目に、”普通”であることを拒み、自分らしく生きるため、これまで書き溜めてきた歌詞を集め、17歳から渋谷に飛び出し本格的にライブ活動をスタートし、“アーティスト”の道を歩み出す。

まもなくして、完全自主制作で配信リリース、ミュージックビデオの配信をスタート。2013年9月1日にデジタルシングル配信された「No matter what I say」が初登場にしてi-tunes R&Bチャート13位を獲得。この曲のリリースにて渋谷ストリート界隈、J-R&Bシーンなど様々なフィールドから一気に注目を集める。

アーティスト名Yup’inの”Yup”にはスラングで”YES”という意味と”高飛車で生意気”という二つの意味が込められている。その名の通り、Yup'inの歌には、"自分を愛すること"の大切さを肯定する前向きなメッセージ、そして、一方で、”普段口に出せない心の叫びや強気な気持ち”を託したメッセージが込められている。
まっすぐで、飾らないありのままの姿で我が道を突き抜けるYup’inの姿勢とファッション性やパワフルなライブパフォーマンスが、同世代のファンからも熱い支持を受けている。そんなYup'inの活動に、これからも目をが離せない。


綾野 ましろ

北海道洞爺湖町出身・札幌在住の女性シンガー綾野ましろ。
まっすぐな意思を感じる透明感ある歌声で、聴く人の心が求める理想の歌とメッセージを届ける。

2014年放送のTVアニメ「Fate/stay night」オープニングテーマ「ideal white」(アイディール ホワイト)で10月22日にデビュー。iTunesポップチャート2位 アニメチャート1位、オリコンデイリーランキング6位を記録。全世界47カ国で配信中。
サウンド・プロデュースにtoku (GARNiDELiA)を迎え制作された2nd single「vanilla sky」(4月29日発売)が、2015年4月放送スタートのTVアニメ「ガンスリンガー ストラトス」オープニングテーマに抜擢された。

その後、シンガポール・ロサンゼルス・ドイツでのJ-POPカルチャーフェスに出演。さらにPC版ゲーム「ガンスリンガー ストラトス リローデッド」テーマソング3rd single「infinity beyond」(8月19日発売)をリリースし、10月11月に地元北海道と東京での初のワンマンライブを開催、即日完売させ大成功をおさめる。今年1月13日にはデビュー前に制作された音源と初のワンマンライブの音源を収録した綾野ましろの原点を表現したコンセプトアルバム「early days」をリリース。リード曲「春想の街」は、ミュージックビデオは出身地である洞爺湖で撮影され、「北海道庁クールHOKKAIDO公認ソング」に起用された。4月には札幌・東京で2nd ワンマンライブの開催。8月3日に発売した4th「Lotus Pain」が、TVアニメ「D.Gray-man HALLOW」エンディングテーマに抜擢。10月5日(水)には、1st album「WHITE PLACE」のリリースが決定!そして、10・11月には、大阪・東京・札幌でのワンマンライブが決定している。


企画・運営/(株)ODAプロダクション