今月のゲスト情報

KEMURI

1995年結成のスカパンクバンド。

「P.M.A(Positive Mental Attitude/肯定的精神姿勢)」をバンドの哲学として、活動を展開する。

当初からアメリカのレーベルと契約していたため、「アメリカからの逆輸入バンド」として話題となった。

スカ、パンク、ハードコアといった要素を取り入れたサウンドが特徴で、日本のスカパンクシーンの代表的存在。

2007年12月9日の東京・Zepp Tokyoでのライブを最後に解散したが、2012年9月、Hi-STANDARDからの呼びかけに応じ、「AIR JAM 2012」にて約5年ぶりに復活を果たす。

2013年1月、南英紀(G / 現 Ken Yokoyama Band)の脱退と初代ギタリスト・田中‘T’幸彦の復帰を発表。その後、ツアーや音源リリースなどを重ね、精力的に活動をする。

結成20周年を迎えた2015年6月にベストアルバム「SKA BRAVO」を、7月に11thアルバム「F」をリリース。同年10月にサポートメンバーだった河村光博(Tp)と須賀裕之(Tb)が正式加入した。


佐香智久

1991年北海道生まれのシンガーソングライター。

中学時代に初めてアコースティックギターを手にし、高校入学後、作曲活動を開始。

2009年に「少年T」名義で動画共有サイトにオリジナル楽曲の投稿をスタートするとそのジェントルな歌声に「癒やし声の神」などのコメントが集まり、これまでに自身の参加動画の総再生回数1000万オーバーという数字を叩き出す。

2012年のシングル「愛言葉」でのメジャーデビュー後は、アニメ「君と僕。2」のオープニングテーマ「ずっと」、「絶園のテンペスト」エンディングテーマ「僕たちの歌」など話題作を続々と発表。

また2013年夏には舞台「タンブリングvol.4」で役者デビューも果たしている。


ゲーム実況者わくわくバンド

ニコ動やYouTubeなどの動画サイトで大人気のコンテンツ『ゲーム実況』で活躍している5名による“ゲーム実況者わくわくバンド”。

2014年3月2日にZeppダイバーシティ東京で開催されたイベント『【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です』に出演するため、たまたま楽器ができたゲーム実況者5名により結成。

一夜限りのバンドで終わると思いきや、あまりの楽しさに活動の継続が決定。

2017年、Zeppダイバーシティ東京でのワンマンライブを完売させ、全国6箇所でのリリースツアーもすべて完売。

2018年1月7日、日本武道館にて「ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.5~武道館スペシャル~」を開催!1月より、初のアニメタイアップ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」EDテーマ(テレビ東京系)として放送される。


上杉周大

上杉 周大(うえすぎしゅうた)北海道札幌出身。
バンドTHE TON-UP MOTORS(現在活動休止中)のボーカル。

2013年にVAPレコードよりTHE TON-UP MOTORSでメジャーデビュー。
また翌年は上杉 周大名義でソロとしてもメジャーデビューを果たしている。

同年2014年4月からは、故郷北海道へ感謝を込め、バンドで北海道全179市町村をおよそ9ヶ月で巡るという前人未到の「北海道179市町村ツアー」を敢行し、動員数は延べ35,000人以上、ツアーファイナルのZEPP SAPPOROはSOLD OUT。
2014年は合計219本のライブを行った。

ミュージシャンであると同時に2007年から始まった札幌テレビ放送制作のバラエティー番組 「ブギウギ専務」のメインパーソナリティーを現在も務める傍ら、CM出演も多く、北海道日本ハムファイターズの公式球団歌「ファイターズ讃歌」の三代目歌唱を現在も担当するなど、北海道では絶大な知名度を誇るタレントでもある。
全国CM出演、全国TV番組のナレーター、映画出演、舞台出演などマルチな顔も持ち現在も音楽を中心に精力的に活動を行っている。


企画・運営/(株)ODAプロダクション